オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2020年5月23日

日本美粧基準における材料紹介

世間では感染型ウイルスやデマの影響で様々なものが売り切れ、不足し、営業休止や臨時休業があふれております。

どうにか終息に向かいそうですが、果たして色々どうなっていくのか。。。

心配は尽きませんが未来は明るいものと信じております。

ネガティブな話題から始まりましたが基本的には元気いっぱいです!!

埼玉県は草加市を拠点に、塗装工事をメインに内装、コーキング、防水、大工工事、なんでも対応の株式会社日本美粧です!

 

今回は施工紹介ではなく材料紹介になります。

昨今やはりインターネット社会ですのでお客様目線でも少し調べて頂ければ施工方法や材料の良し悪しなどすぐにわかります。

その中でも材料の品質などは最たるもので、弊社でも多々お客様に聞かれるのが材料の話です。

エナメルが良いって聞いたんだけど結構高いんでしょ??

他社さんではこんな御見積もりで来てるんだけど何が違うの??

壁を塗るのにも色々な材料があるみたいだけど何が良いの??

 

今回はそんな疑問にお答えしていきたいと思います!

弊社では外壁塗装のメインにはシリコン系材料を推進しています。

その中でもこちら、

yjimage

SKのプレミアムシリコンです!

 

昨今では様々な材料がありますが、こちらの材料は何といってもコスト、光沢、持ちが全く違います!

コストに関しては材料費のほかに施工費も入って参りますので会社によりけりで何とも言い難いですが。。。

光沢と持ちに関しては弊社の15年の歴史の中で完全ナンバーワンです。

10年まではフッ素材料と比べても見劣りしませんし、15年くらいまではしっかりと保護の意味合いを果たしてくれます。

その反面、フッ素材料は20年越しでもテッカテカに光ります。

ただ、実は現在の技術では下地のつなぎ目に入るコーキングが10年前後しか持たないのです。。。

経年と共にどんな壁も多少の動きがあります。

その動きでコーキングが裂断していくのです。。。

結果的にコーキング部分からの雨漏りというのは非常に多く、フッ素加工の外壁はまだ綺麗なのにコーキングを打ち換えなければいけないという事態が発生します。

シリコン材料とフッ素材料では材料費だけで30~40万ほどの差が出ますので

どうせ10年、15年後にまた塗り替えをするのであればその30~40万を次回の塗装費用分としてプールしませんか?

という話になります。

 

あくまで費用に関してもお客様目線で費用対効果に見合った提案をさせて頂きたいという弊社の材料選定基準を今回はご紹介させて頂きました!

 

弊社は塗装の会社で、メインに据える外壁の材料を今回はご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

少しでも弊社の営業基準をご理解頂けましたら幸いです。

 

また別の機会に外壁以外の材料等についてもご紹介できればとおもいます!

様々な施工を行う弊社ではご紹介を始めるとキリがないので。。。笑

 

塗装工事はもちろん、防水工事も提案・施工を行わせて頂きます!!

お家や建物のリフレッシュの際には日本美粧、お見積もりだけでもお声がけください!!

 

以上、営業・現場・事務・偽りの笑顔担当の矢沢でした!!